八戸の神社
 
櫛引八幡宮
櫛引八幡宮
櫛引八幡宮
新羅神社
新羅神社
神明宮
神明宮
おがみ神社
おがみ神社

櫛引八幡宮

南部地方発祥の語源ともされる南部光行公が、源頼朝よりこの地を賜って南部藩を開いた時、甲斐国南部郷に祀ってあった八幡大明神を移したのがこの櫛引八幡宮と伝えられています。